学校保健師 採用事情

学校保健師の採用事情

保健師の転職先のひとつとして、学校保健師が存在します。学校保健法というものがあり、その中では小学校、中学校、そして高等学校には、養護教諭が配置されるべきということ。また大学や専門学校には、学校保健師が配置することと書かれています。どの学校もその学校に通っている生徒と、そこで働いている教職員などの健康管理とその予防や保健活動が主な仕事となってきます。

 

さてここで疑問が出てきますね。養護教諭と学校保健師の違いです。これは養護教諭が教職員の免許を取得していることに対して、学校保健師は教職員の免許を有していないという違いがあります。中には、教職員の免許と保健師の免許の2つを取得しているという人間もいらっしゃいますね。養護教諭の場合には、大学の教育学部に入り、指定学科を卒業すれば、その資格を取得することができます。その他にも保健師資格を有している上で、文科省の指定する単位を取得すれば、養護教諭の免許を獲得することができるのですよ。

 

現代の健康に関しての社会の動向は、治療医学というものよりも、予防医学の方向へと移行していると言っていいのです。学校教育の現場においても、養護教諭だけではなく、保健師の要素というものを持ち合わせた有資格者を欲しているという傾向が強くなってきているのです。

 

ただ現状では保健師資格と養護教諭免許の両方を同時に取れるというような教育機関は存在していないために、保健師の資格を取得した人間が、文科省の指定単位を習得した保健師が2つの資格を有している人間としてその業務についているというのが現実的なんですね。

 

これらのことを加味すると、保健師と養護教諭のダブルの資格取得をしている人間が、学校保健師の分野では、採用されやすいということが言われているんでよね。ですから保健師の資格を有していれば、その後に単位を取得し、養護教諭の免許を取得するというアクションを起こしておけば、その後にかなり幅広い学校保健師の道が開けるということになります。保健師の免許に関しては、大学のみの転職先しか見つけられませんが、養護教諭の免許まで取得をしていれば、小中高大とすべての教育機関での転職が可能になるからです。

 

前述でも挙げたように、現代の学校保健の傾向が予防医療の傾向にあるために、保健師のスキルはかなり重宝されるということが言えるのですよ。ですから学校保健師として転職を希望するのであれば、保健師と養護教諭のダブルの免許を取得することを目指しましょう。

保健師求人サイト人気ランキング