保健師の服装

服装にうるさくない保健師の仕事を探そう

保健師の服装については、勤務先によって服装の形態は変わってくるようです。
医療従事者の服装をイメージすると、制服を貸し出しして勤務中はそれを着なければいけないとか、白いシャツにズボンを着用と指定されている印象を受けます。

 

しかし、最近の傾向としては、普段着に専用のエプロンを着用する職場が多くなってきています。
例えば地域の保健指導を行う行政保健師はエプロン姿を見かけますし、産業保健師の場合も普段着で勤務している場合が多いようです。

 

学校保健師などの場合は白衣であることも珍しくありませんが、普段着に羽織る形の白衣の保健師もいますので、やはりその現場ごとの規定によるのでしょう。こうした保健師の服装が白衣という姿から変えた背景には、保健師の相談業務の際に、よりコミュニケーションが取りやすく、親しみが持てる方向に変わったことが挙げられます。

 

例えば行政保健師が各家庭を訪問して健康指導などを行うことがありますが、こうした際に白衣を着た人が来れば、相談したいこともできなくなるような心理が働きやすいのです。白衣を着たお医者さんの前に来ると血圧が上がってしまう患者さんがよくいますが、この現象と似たように、主な相談業務に心理的資料をきたす可能性があるので、より身近な服装になる傾向があります。

 

ただ、全ての職場が白衣ではないとは限りませんので、毎日のことですから、就業先の服装もしっかり調べておいた方がよさそうです。
また、服装が自由なところでも、保健師は健康指導を行うのが仕事の1つですので、清潔感はどんな場面でも必要となってきます。

 

服装が派手すぎるのは、どんなにその人のことを考えて健康的なアドバイスをしたとしても、信用度に影響してしまうこともあります。身だしなみを整えることは、保健師に限らず社会人としての基本となりますので、しっかり抑えておいてください。

 

このように服装などの希望がある場合は、転職支援サイトなどに登録して、希望する条件の1つに加えておけば、求人を探すときにも安心になります。転職支援サイトには専門のコンサルタントが下りますので、あらゆる希望と合致する求人を探してくれたり、自分が考えていなかったような高待遇を手に入れることも可能になってきます。

 

どんなに些細なことでも就業時にクリアにしておけば、その職場に長く勤めることができ、保健師として十分に貢献できるようになりますので、ぜひ利用してみてください。

保健師求人サイト人気ランキング