保健師 地域

地域保健師として働こう

地域保健師とは、都道府県の保健所や市町村の保健センターなどで地域に住んでいる人の病気予防や、健康増進のための保健活動を行う保健師のことを言います。
保健師として実際に働いている人たちの約半分が地域の保健師として働いていると言われています。

 

地域の保健師は公務員として働く場合がほとんどで、就職するのは公務員試験に合格する必要があります。地域の保健師として採用されれば、地方公務員という身分となりますので、安定した収入と福利厚生も充実していますので、待遇は良いといえます。

 

また、勤務時間も日勤の場合が多く、休日も土日祝日が休みなどほぼ一定ですので、生活も安定して送ることができます。地域の保健師の仕事は、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる年齢の人が対象となりますので、さまざまな保健活動や保険業務が必要となってきます。

 

特に都道府県の保健師は管理する範囲も広いので、市町村の保健師と連携を深めながら、技術的な支援や研究、保健医療システムの整備などの仕事が多くなっています。
一方市町村の保健師は実際に住民と接しながら保健サービスを提供し、健康診断や障害者に対しての支援、高齢者の介護保険の支援を行うのも業務となっています。

 

地域の人々の健康に関する相談にのることも多いので、人々の声を直接聞くことができるようなコミュニケーション能力が大変重要になってきます。
また、難病や精神障害、エイズなどあらゆる疾病患者に対して保健サービスを提供するのも大切な業務の1つとなっています。

 

それ以外にもインフルエンザなどの感染症の予防や、SARSや新型インフルエンザなどの新しい感染症が現れた時の危機管理などもしていかなければなりません。
地域の健康情報を速やかに把握して、予防策を講じていくことは、より速やかに感染の拡大を防ぐことができますので、そのような判断もしていく必要があります。

 

このように地域の保健師は、健康に関するさまざまな業務があるやりがいのある仕事と言えるでしょう。実際に地域の保健師の採用は採用枠が少なく倍率も高いですので、しっかり計画を立てて公務員試験を受験しなければなりません。

 

また、採用試験も年に1度しか実施していないことも多いので、採用情報をしっかりキャッチしておく必要もあります。保健師は地域の保健師以外にもいろいろな業種がありますので、希望する業種があればハローワークや転職支援サイトなどで求人を探してチャレンジしていくことも大切です。

保健師求人サイト人気ランキング