大阪 保健師採用

大阪の保健師採用

大阪は西日本で最も大きな都市ですね。沢山の企業が集まった商業都市でもあります。こういった地区では、当然に保健師の需要も高くなるというのが現実としてありますから、大阪エリアでの保健師の転職は、他のエリアに比べて転職はとてもしやすいエリアだと言えるでしょう。

 

大阪の都市部に関しては、ほとんど東京と似たような転職事情になっているといえるでしょう。行政保健師の道も開かれている上に、産業保健師の案件も多く存在している。その上に学校保健師や一般的な医療機関での保健師の道も多く存在している。こういったエリアはやはり大阪や東京、神奈川や愛知といった、日本を代表する大都市でしか見ることができない傾向でもあるのです。

 

たとえば行政保健師でいうと、福祉保健センターなどで母子や高齢者、障害者等の保健福祉に関しての相談業務や支援業務のほか、専門的な知識を活かした地域活動を通じて、市民全体の健康づくりをサポートする業務に従事するという業務になってきます。大阪市では、教養考査では択一式を廃止して、小論文を実施しているという採用形式をとっています。二次試験では、適性検査と個別面接。そして集団討論という他の都市の採用試験では見られない採用方法をとっているという珍しい都市でもあります。

 

こういった都市別の採用試験の情報は、なかなか個人レベルの情報収集では限界があるでしょう。医療系に特化した転職支援サイトにおいて、専任のキャリアコンサルタントに相談すれば、こういったもののすべてを解決することもできるでしょう。行政保健師の応募は、なかなかにこういった支援サイトに提携求人をするという方法は、なかなか行われてはいないものの、こういった相談にも乗ってくれることは多いと言えるのです。

 

ちなみに大阪市の行政保健師の初任給は19万円前後。保健師以外の資格取得であったり、そのキャリアやスキルによって、充分にこれ以上の給与を獲得することも可能です。ただこれはあくまでの基本給であり、公務員特有の手当がこれに乗っかってきますので、十分に生活をしていけるだけの月収を得ることは可能でしょう。

 

産業保健師に関しては、ほとんどの場合が臨床経験を重要視しているところが多いですから、新卒や第二新卒ではなかなかに採用されないケースが多いと言えるでしょう。看護師から保健師へのキャリアアップをして、保健師になった人間向けの転職先が産業保健師の道ではないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング