産業保健師 英語

英語力を産業保健師として活かそう

日本もグローバル化を推進して何年も経ちますが、さまざまな職業に英語力をプラスすることで、就職や転職が有利になるという実情もあります。保健師などの医療従事者には、一見英語は必要ないというようなイメージですが、英語を理解して話せるようになればさまざまな活躍の場が待っています。

 

例えば、国際空港や港での入国審査官は、最近保健師の資格が重要視されているものの1つとなっています。入国審査官は、空や船から国境を越えてやってくる海外住民の荷物チェックを行い、国の安全を守る立場にあります。

 

日本政府が許可していない物品かどうかチェックするのですが、保健師が活躍するのは万が一海外から伝染病が持ち込まれた場合の対応処置になります。
保健師としての専門的知識はもちろんのこと、伝染病が持ち込まれた場合に対処するノウハウには、英語などのさまざまな言葉の理解度が大切になります。

 

入国審査官は国家公務員試験をパスしなければいけませんが、保健師の資格と英語力があれば、非常にやりがいの感じる仕事になるでしょう。
また、最近では外資系の会社も多くありますので、日本で働く外国人の健康相談やケアを行うような産業保健師も必要とされています。

 

日本企業は独特の企業体質やルールがありますので、外国人にとっては心身の不調を訴えたり、仕事へのモチベーションが上がらないなどの問題が起こりやすいようです。このような問題に対応するためには、保健師としての専門的知識はもちろんのこと、コミュニケーションができるように英語を使うということが最も重要です。

 

働いている外国人がよりリラックスするためには、母国語のコミュニケーションが欠かせませんので、産業保健師も英語というビジネススキルの習得が求められているのです。

 

また、外資系企業には文書のやり取りは全て英語で行うというところもありますので、国際的な企業で就業するにはもはや英語は欠かせないでしょう。このような求人は異色な求人ですので、なかなか求人数も少ないの
ですが、応募する人も少ないので、希望している人はチャンスが大きい可能性があります。英語力が必要などさまざまな求人を抑えているのは、転職支援サイトが強いといわれていますので、利用してみてはいかがでしょうか。いくつかの転職支援サイトに登録しておけば、このような求人も出てくる可能性が高くなり、採用されるための第一歩になるはずですので、ぜひ登録してみましょう。

保健師求人サイト人気ランキング