保健師 正社員

正社員の保健師になるには?

保健師といっても、その職業の種類はさまざまにありますね。企業で働く産業保健師として働く方法。養護教諭の免許は必要にはなりますが、小中高の各種学校で働く養護教諭。また大学などの学校保健師。さらには各都道府県や市区町村が運営している保健所や検診センター、保健福祉課などで働く行政保健師などに分けることができるでしょう。

 

それぞれの保健師に形はあるものの、なるべくであれば正社員として働きたいと願っている転職希望者は多いものです。保健師の仕事であれば、そのスキルを買われ、臨時職員や派遣社員という形であれば、本当に多くの職場と巡り合うことはできるでしょう。しかし正社員となると話は別で、採用試験を受けたり、募集人員が最初から少なかったりと、意外と狭き門でもあるのです。一般的な職業でもパートやアルバイトや契約社員よりは、正社員を目指す人間が多いのは当然のことと言えますよね。

 

やはり正社員になれば、パートであったり、派遣などの契約社員と比べて、条件面ではかなり優遇されるということが言えます。そのうえで安定感があるというのはとても大きなアドバンテージになることでしょう。毎月の給与の違いはもちろんのこと、正社員とこういったそれ以外の勤務形態の人間との違いは手当の差にあるでしょうね。これが何気にかなり大きいと言えるでしょう。そしてなによりもボーナスの有無です。特に企業などで働く産業保健師や、行政保健師の場合は、かなりこの差が収入面では大きな差になってくることから、正社員での採用のほうがかなりメリットがあるわけですよ。

 

保健師を大別してみると、産業保健師、学校保健師、そして行政保健師になります。この3つのうち、学校保健師は教員としての扱いであり、行政保健師は公務員としての扱いになることが多いために、基本的には正社員という形が取られることが多いといえますね。ただしこういった採用が前提になってきますから、その門戸はかなり狭き門であるということがいえるでしょう。

 

問題は産業保健師です。産業保健師は、その他の2つの保健師に比べて、なりやすいという特徴がある一方で、正社員とそれ以外の雇用契約になることが多く、ここでの採用が大きな差になってくるのですよ。まずは契約社員やアルバイトとして、定期検診などの時期によって採用され、一定期間働くというパターンが多いと言えるのです。ここからパイプをつなぎ、正社員の道を目指すという方法も何気に多いと言えるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング